つくり手の紹介記事

【対馬・河内酒造】伊藤真太郎杜氏をご紹介!

【対馬・河内酒造】伊藤真太郎杜氏をご紹介!

今回は長崎県対馬で唯一の酒蔵"河内酒造"から伊藤真太郎杜氏をご紹介。 島の酒として長年愛されてきた日本酒を醸す伊藤杜氏が目指すお酒造りとは? オンライン酒蔵留学を楽しむため、Check it now! 河内酒造 杜氏 伊藤 真太郎 さん 島唯一の蔵元で100年企業として島の伝統と文化を担う河内酒造。東京農業大学を卒業後すぐに蔵に入った真太郎さんは、父親とともに日本酒と焼酎を醸しながら4代目の修業に励んでいる。 目次 「河内酒造」について 国境の島「対馬」の特徴 お酒造りに携わり始めたきっかけ お酒造りにおいて、嬉しかったこと お酒造りにおいて、最も辛かったこと お酒造りに込める想い・将来のビジョン 最後に 「河内酒造」について 人口2万8,000人弱の小さな島の小さな酒蔵です。 平野地が少ない為に住宅街の中に蔵を構え、日本酒と焼酎合わせて年間400石ほどを生産し、そのほとんどが島内で消費されています。 河内酒造そのものの創業は1919年ですが、それ以前に醸造されていた高橋氏から曾祖父の河内辰次が譲り受けたと聞いていますので、酒蔵としての歴史はもっと長いかと思います。 1933年河内酒造合名会社に法人化、2019年には河内酒造となってからの歴史だけで100周年を迎えることが出来ました。 これも島の人々の変わらぬ支持のおかけです。これからも日々の大切な営み、その癒しや励ましとして常にそばに寄り添う酒でありたいと思います。 国境の島「対馬」の特徴 日本には北海道、本州、四国、九州、沖縄本島の他、周囲が100m以上ある離島が約6,800島もあり、小さなものまで入れると、数万に及ぶと言われています。 その中に国境の離島が500以上あり、対馬は「有人国境離島地域」に指定されている29地域148島の中のひとつです。 日本海北西部、九州エリアの最北端に位置し日本本島よりも韓国の方が近い為、古代から大陸との交易・交流の拠点として栄え「国境の島 壱岐•対馬・五島~古代からの架け橋」として日本遺産にも認定されています。 島は上下2島からなり、その狭間には年間を通して波の穏やかな美しいリアス式海岸があり、手つかずの原生林には天然記念物であるツシマヤマネコが生息し、自然と歴史があふれています。 緯度だけで考えれば九州の中では最北の寒冷な気候と、島の面積の9割弱を占める山林が蓄えた豊富な地下水を活かして酒造りをしています。...
続きを読む
【佐賀県鹿島市・光武酒造場】吉田龍一杜氏をご紹介!

【佐賀県鹿島市・光武酒造場】吉田龍一杜氏をご紹介!

今回は佐賀県鹿島市で333年の伝統を誇る光武酒造場から吉田龍一杜氏をご紹介。 看板商品である「光武」だけでなく、「きまぐれドラゴン」という「今一番挑戦したい日本酒を醸す」をコンセプトにした数量限定商品までも手掛けてらっしゃる吉田杜氏が目指すお酒造りとは? 2022年新春一発目のオンライン酒蔵留学を楽しむため、Check it now! 光武酒造場 杜氏 吉田 龍一 さん 平成27年から杜氏として大抜擢された吉田氏。伝統を重んじながらも、光武酒造場に新たな風を吹き込む貴重な存在。 目次 「光武酒造場」について 佐賀県鹿島市の特徴 お酒造りに携わり始めたきっかけ お酒造りにおいて、最も辛かったこと お酒造りにおいて、最も嬉しかったこと お酒造りに込める想い・将来のビジョン 最後に 「光武酒造場」について 光武酒造場の酒造りは、元禄元年(1688年)に佐賀鍋島藩より藩の余剰米の利用法として酒造りを命じられたのが始まりとされています。 企業理念に「酒造りは人づくり」を掲げ「伝統の中からの革新」を合言葉に時流を的確につかみ、昔からの酒造りの伝統は守りながらも一つ一つの製品の品質向上には絶え間のない努力を続けています。 私達はお酒の美味しさが人々の気持ちを豊かにし、沢山の人々が幸せを感じられるような酒造りを目指しています。 佐賀県鹿島市の特徴 農業王国と呼ばれる佐賀県の南西部に位置する鹿島市は、良質の米と水に恵まれ昔から酒造りが盛んに行われています。 また有明海に面していて漁業でも栄え、伝統的な茅葺き屋根の民家が残る漁村集落でも有名です。 酒蔵通りと茅葺の町並みで構成されている一帯を「肥前浜宿(ひぜんはましゅく)」と呼び、ここは国の重要伝統的建造物群保存地区となっています。 新酒の時期に行われる鹿島酒蔵ツーリズムは、お酒を通じて食や文化、歴史を体感できるイベントとして人気で、2日間で 10万人が訪れるほど賑わっています。 お酒造りに携わり始めたきっかけ...
続きを読む